Jumble Cabin 2nd

不況で挫けそうになりながらも浪費を続ける駄目管理人のブログ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOOD+ Episode23 ふたりのシュヴァリエ

 第2クール終盤、今回のポイント。
小夜を口説く?ソロモン。
やっぱり胡散臭いコリンズ。
謎の少年、宮城リク。


遅れ過ぎで賞味期限切れですが23話感想を。

 動物園前(どっかの地下鉄の駅名みたいですが)に着いたデヴィ一行、4人で100エーカー探索するそうです。そりゃあ無茶やで!
因みに1エーカーは約4047㎡。

その頃息子ジョエルとコリンズが会話中。
どうやらコリンズは翼手の研究をしていた様です。赤い盾に入った経緯も他のメンバーとは違うらしい、ジョエルとも微妙に距離を置いている様にも見えますし、怪しいヤツめ。で、帰り際、
「報告のあった宮城リクの件もありますし」
やっぱり・・・リク、君は何者やねん?
先天的に翼手の血を持っている?あるいはジョージが何かした?(それは無いやろ)

問答無用のハジ、ソロモンいきなり腹に穴あけられた!って次の瞬間には埋まってるし、恐るべし翼手の血。人間達が目を付けるのも当然ですね。
最近ご無沙汰の米軍なんぞ、そりゃあロクでもない事を考えるわな、現実にやってそうですしね生体兵器の研究とか。

『小夜の望み』で仕方無く身を引くハジ、その後ソロモンは小夜に血の繋がりを強調して自分たちに組するよう迫ります。
自分たちを好き勝手に扱ってきた人間(ジョエル・ゴルトシュミット)への恨みのようなものを感じます。
そして、カイの回想を交えて、小夜の正体知ったら『偽りの家族』は小夜を受け入れないと言いたいらしい。
ですが、ジョージは全て知っていたそうです。もう彼の真意を聞くことは出来ませんが、彼の気持ちが裏の無い純粋なものであった事を願います。

リセの回想交えて、ソロモンは小夜を殺したくないと言います。お好きな方は
小夜×ソロモン キター!と盛り上がっておられるんでしょうね。
で、小夜陥落目前でハジ登場。
小夜×ハジ派の方への配慮も忘れておりませんな。
小夜×カイってのも有る様ですが・・・

ハジとソロモンのバトルスタートした頃、リク君が例の特殊聴覚でディーヴァの居る塔を発見。
小夜も青薔薇の花弁で同じ塔へ。
塔を上る光景は彼女の夢の光景と同じ、と言う事は、廊下を曲がって扉開けると・・・

リクがディーヴァに血ぃ吸われとる!!!と言う事は、

それは昔のジョエルの時と同じ光景!
リクはどうなるんでしょうか?助かるんでしょうか?
ともあれこれでソロモンの願い虚しく小夜とディーヴァ(眼が青いんですね)の確執は深まるのでした。
あ、ディーヴァが居るということはアンシェル以下他のシュヴァリエも来ているということ?
ひょっとしてソロモン危うし?


追伸。こんなつまんない内容ですが、せっかくなんで何かコメント頂けると有り難いです。今後の参考にもなりますので。



テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jc2nd.blog48.fc2.com/tb.php/47-6fdd6d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad










無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。