Jumble Cabin 2nd

不況で挫けそうになりながらも浪費を続ける駄目管理人のブログ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD+ Episode29 「呪われた血」

GWだろうと関係なく月曜にならないとUPしない(出来ない)BLOOD+感想。
さぁさぁコリンズセンセイ、ついに動きましたよ!
これでいっそう話が複雑になりますな。

と言う訳で、イレーヌ追悼編?行ってみましょう。





 お久しぶりで御座います。月末の激務、そしてGW直前にいきなり風邪引いてヘバってました。
ネタの枯渇も有り暫く落ちておりました。
前置きはこの辺にして・・・

・イレーヌ
まずは合掌・・・(チーン)
あーあ、やっぱりそうなっちゃうんですね・・・悲しいかな予想通りの展開に。
いままで色んな作品見てきましたけど、あのテのキャラの辿る結末って同じ事が多いです。
実は生きていた、とかいきなり生き返った的な強引な展開も嫌ですけど。
彼女は逝ってしまいましたが、誰か(カイや小夜)の思い出になれたのが救いです。他のシフも変われるかもしれませんし・・・

・他のシフ達
もっと早くにカイみたいなのに出会っていればなー。それでどうなるもんでも無いかも知れませんが、もしもっと早く自分たちの運命を知っていたなら、ただ翼手を狩るだけの日々を費やすような事は無かったかも知れません。
もっと有意義な時間を過ごせた筈です。
知らないと言う事は不幸な事です。
しかし、寿命まで予め設定されとったとは・・・

・影が動く
なんと、ダブル造反でございます
もっともヴァンは元々アンシェルサイドの人間だったようですが、ゴールドスミス・ホールディングス、サンクフレシュの持ち株会社だった?(兄弟関係そのままに)
アンシェルは予定通りといった感じです。

コリンズ動いたー!
ついにこの虚栄心野朗が尻尾出したでー。
しかもいきなり敵の親分アンシェルまでいくかー。
赤い盾の現在地教えたんもコイツに間違いねーな。
さて♪どーする?ジューリアー?♪(ア○フ○風)
アナタも魂を売るのかい?

喧嘩早いジェイムズは無茶をおっしゃるし・・・
幾らなんでもフランス領海内で米空母の運用はマズイでしょう、沖縄とちゃううんやし。
 
カールの手が治ってます、というかフツーの手です。
アンシェル長年の研究の成果か?別にヴァンやコリンズに言われんでもD塩基くらい知っとるわい!といったところでしょうか。
「小賢しいことを・・・」
ヴァン、コリンズ共々ヤバイね。

まだまだ全員、アンシェルの掌で転がされていますね。

ソロモン蚊帳の外??
1ヶ月後の事知らされていないみたいですが・・・

・岡村、お嬢
デヴィ達は表面上は聞く耳持たんという感じですが、門前払いしていないし、ルイスはニヤケとるし、案外利用してやろう感が出てます。
ブン屋の情報網は捨てたもんじゃあ無いですし、お嬢も居た方がなんだかんだでカイには良い影響が有るでしょう。

・ハジ、リク
対照的な2人のシュヴァリエ、ハジはそっと見守るタイプ、リクは積極的に関与するタイプ。
シュヴァリエとしては異色な感のあるリク、こういうシュヴァリエが居てもいいんではないかと思います。
今後どうなっていくかは分かりませんけど。

リクのハンカチでお約束ボケをやってくれた小夜、あとはお腹が鳴ったら完全復活だな。

今回も色々出てきましたが、イレーヌの犠牲?でシフの件は方向が見えてきたと思います。

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

初めまして、コンニチハ!
私もBLOOD+大好きです!(ハジ好き)
29話は悲しいカンジに終わりましたね。

それではまた見にきます!(^O^)
失礼しました!

  • 2006/05/01(月) 21:42:05 |
  • URL |
  • 青空ウミ #-
  • [ 編集]

>青空ウミ様
初めまして。
29話といい、最近は重めの内容が続いていますね。
ハジ、良い味出していますよね。
ソツがないというか、かゆい所に手が届くというか(笑)

こんな僻地ブログですが良かったらまたお越し下さい。
コメントありがとうございました!

  • 2006/05/01(月) 22:33:30 |
  • URL |
  • Yori-yan #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jc2nd.blog48.fc2.com/tb.php/91-e55a3737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad










無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。